FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:-- |
  2. スポンサー広告

根津神社とその周辺散策

根津神社とその周辺を散策してきました。
ちょっと駒込に用事があって行ったついでに根津神社とその周辺を散策してきました。

根津

根津神社参門、「宝永二年五大将軍綱吉は兄綱重の子綱豊(六代家宣)を養嗣子に定めると、氏神根津神社にその屋敷地を献納、世に天下普請と言われる大造営を行なった。
翌年(1706)完成した権現造りの本殿・幣殿・拝殿・唐門・透塀・楼門の全てが欠けずに現存し、国の重要文化財に指定されている。」だそうです。
以外に知らないことが沢山この東京にはあります。きれいな神社です。ぜひ皆さんも暇なときに、行ってみてください。

DVC00004.jpg


山門を入って今度は立派な、楼門(国指定重文)が見えてきます。

DVC00005.jpg


楼門詳細中には水戸光圀公が祭られています。

DVC00015.jpg


神楽殿はその床下を野良猫かどうか解りませんが出入りしていました。

DVC00017.jpg


本殿でお賽銭を入れて取り合えずお参りです。

DVC00018.jpg


神社の外に出て坂をあがろうとすると権現坂なる案内板がありました。
このあたり色々な文豪が散策楽しんだようです。私も文豪にちなんで少し散策です。

DVC00019.jpg


古いしもた屋が崩れ落ちんばかりに建っていました。思わず一枚パチリと撮ってみました。文豪の面影が少し伝わるような気がしました。洋風と和風が混じった変なしもた屋ですが。
ちなみにしもた屋とは終わってしまった、しまう(仕舞)というような意味があるらしい。

DVC00020.jpg


このあたりは東大農学部の裏手にあたるようです。今でも昔風な旅館があったりします。

DVC00022.jpg


これは東大の門ですがいわゆる赤門ではありません。でもこの門のデザインはナカナカ変わっています。板門ですが、鉄の叩出しなのに丸をモチーフにして透かしてあります。船の錨の様でもあります。
ついでですから東大のキャンパスの中にも入って見ることにしました。

DVC00023.jpg


この写真なんで見せられるのか不思議に思う方もいるかもしれません。これは最近話題の耐震補強後の姿です。ナカナカ豪快なデザインです。

そうだ、そういえば最近できた建物があるはずです。高校しか出ていない人で、東大の教授までになった人は、多くの教授の中でも彼一人しかいないでしょう。建築家の安藤忠雄氏です。その方の作品があるはずです。ありました。

DVC00024.jpg


アーチ型で草の乗っている建物ではありません。その向こうに見えるフラットな庇のある建物です。
相変わらずコンクリートの打ち放しです。

DVC00025.jpg


細い柱ときれいなコンクリートの壁が見えます。

DVC00026.jpg


少し中に入って見ることにしました。

DVC00027.jpg


同じスチールのサッシュが並んできれいですが、なぜか人影が見当たりません。ちょっときれい過ぎるのか?他には人がいっぱいいるのですが。

DVC00028.jpg


この建物は地上には2階分出ています。地下にも2階分埋まっています。相当に建設費は掛かるでしょうけどそれに負けずに、ご自分の主張を通しています。何時もこの方の建物を見ると、この、主張をどれだけできるかが、面白い建物になるかどうかを表しているような気がします。

DVC00029.jpg


ながーい壁に、ながーい横スリットの開口が開いています。これは工事の難しさを知っている人は解るのですが、とっても大変で難しい工事だったと思います。脱帽・・・・

DVC00030.jpg


構内を歩いていたら、もう一つ面白い物が置いてありました。あのニュートリノでノーベル賞を貰った小柴教授のカミオカンデで使用したセンサーである。これがカミオカンデには相当数多く取り付けられていたようです。これを製作した会社の方がなんとなく気になりました。

処で、もう一人のノーベル化学賞の島津製作所の田中研究員はどうしていられるのでしょうか?ふと思い出しました。どうも私は小柴教授より田中さんのほうが好きです。
どちらも私など及びもしない方々ですが。

最後まで読んでいただいた方へ、感謝の気持ちで、おいしいうどん屋を見つけましたので、書いておきます。近くに行ったときは寄ってみてください。

住所:文京区根津1-23-16
電話:03-3822-9015
名前:根の津(讃岐饂飩)

















スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2008/06/15(日) 17:48:01 |
  2. 世間話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今でも続く構造偽装

今でも続く偽装やミス

少なくても終わってしまった話かと思っていたらまだまだ継続中であるようです。
ちょっと前の話ですが、あるスーパーゼネコンの、超高層マンションや高級マンションでも、鉄筋が抜けていたり、設計図と違った施工がされていたりしています。我々業界の中ではもっとあるぞなどと噂されています。

そこでちょっと疑問になっていますが、大手さんの施工ミスに着いて、何かしらの罰則規定が適用されているのでしょうか?この超高層マンションの設計監理は、超大手の設計事務所が監理していたように聞いていますが、その後どのような行政処置があったのか分かりません。大きなところは何か処分を受けない方法があるのでしょうか?

行政も小さなところなら、その会社をなくしても大きな社会的な影響は確かにありません。しかしながら、処分はどんなところでも公平でなければいけません。どなたか上記の処分がどのようなものであったか知っている方は教えてください。

ミスであるから処分は許されるなら、それも不公平なような気がします。
以前に処分されている事務所がネットサイトに出ていましたが、皆小さなところばかりでした。何を基準に行政処分をしているのか解りませんが、不公平があってはいけません。

この前も船場の吉兆が店を閉めることになりましたがこれなどは同情の余地がありません。
そうは言っても、私などはとても行ける料亭ではありませんが。

社会的にはコンプライアンスなどと言われ法令順守が問われていますが、色々な法令が全てベストな法令だとは思いませんが。

この前も中国の四川で大きな地震がありましたが、あれほどの壊れ方は、しなくて済むようにしなければいけないと考えます。壊れるにしてもぺしゃんこならずに、その為の解決方法はそんなに難しくはナイト思いますが。

まだまだ人類には新しい未知の災害が迫って来るような気がします。その全てに対処して置くわけにはいかないようですが。



施工ミス参考サイト
  1. 2008/06/01(日) 11:32:45 |
  2. 設計の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。