FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:-- |
  2. スポンサー広告

日本の人口問題 その二

日本の人口問題 その二

先進国や人口の多い中国、インドなどの人口は大体分かったところで、私の人口問題に対してどのような考えか述べてみます。旨く伝わるかどうか分かりませんが始めてみます。

私は団塊の世代として、自分の意思ではなくこの世に生を受けてしまいました。そのことを、全てを親や、時代のせいにしている訳ではありません。何かの運命でしょうか?小学校、中学校、高校全てを通してほぼ50人学級という多くの生徒でした。でもこれが普通だと思っていました。

最近は35人学級が良いとか、40人が良いとか言われていますが私達の世代は夢物語でした。
戦後の日本で、戦死した方々の変わりに、生まれてきたのかも知れません。ある時代の、人口が増える、または増えたことは本人達にはどうしようもない事なのです。

ではいかにして人口を制御するのか、これはその時代に生きている大人の問題です。又、文化や文明がある国なら、国の政策や方針も施す事が出来ます。しかし、アフリカなどの後進国ではそれさえも十分ではありません。人口という物は、その時代を生きている大人が考えなければいけない問題です。

人間も大きな自然界の生き物です。このことは、環境問題の宮脇昭先生の中にも出てきました。
ただし、人間は他の生物と決定的に違うわけですから、これらの問題に対して皆で知恵と力を携えて新しい方向に向かっていかなければなりません。

日本だけが人口が増えて良いわけではありません。だんだん地球環境もタイトになってきています。
確か、学習院大学のえらい教授の方が世界を悪くしたのは、保険、安全、衛生だ、とその時は訳のわからぬことを言う方だと思いました。しかし、最近いなってよく考えると、ある意味で今の地球環境を見通していたのかも知れません。

すなわち、この狭くなってきた地球上には、ある一定の数の人間しか、生息することが出来なくなってきているのです。ここでも大切になってくるのは教育です。全ての人類にとって教育ほど大切な物はありません。教育によってそれらの環境問題やなどを教えることが可能だからです。

最近になって京都議定書なる物が評価され、この気球環境はいたる所でほころび始め、限りある存在であることを知らされているのです。ですからこの日本だけのことを考えているだけでは、もう済まなくなってきていることははっきりしているのです。

この話をする時に、いつも私は例として取り上げることは、日本の江戸時代は鎖国をしていました。
鎖国をしていたということは、食物も、他のイロイロな製造物などもかなりの部分を国産でまかなっていたわけです。この時に日本に住んで居た人々の数を考えてみたことがありますか。

なんと、たったの3000万人だそうです。江戸時代は結構多くの人が満足して、イロイロな文化も花咲かせていました。全てこの時代が良いといっているわけではありません。しかし、これは食料自給の問題も、同時に解決していたわけです。環境の問題もある程度配慮していました。私は江戸時代を研究している学者でもありません。

深く追求したい方は御自由に調べたり研究して教えて下さるとありがたく思います。さて、話を元に戻して、この人口が明治時代には、富国強兵とかでアット言う間に、人口は6000万人ほどに膨れあがったようです。その後の人口増加は押してしるべしです。現在では1億2千数百万人になっているわけです。

このように考えると空恐ろしい気がしてきます。こんな話でも、まだ日本は世界に負けない為に、人口を増やし続けなければいけないのでしょうか?これからの日本を考えるとこの考えには賛成いたしかねます。これが今日の結論なのです。

皆さんはどのように考えていますか、このままでは地球沈没となりかねません。
ぜひ良いアイデアがありまあしたらご意見を教えてください。
たいした結論も出たわけではありませんが、なんとなく人間もこの地球上で、遠慮しながら生きてゆくと少しは全体として良くなるのでは?






スポンサーサイト
  1. 2008/04/19(土) 22:04:47 |
  2. 世間話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本の人口問題

日本の人口問題 その一

今日は大上段にかぶって、日本の人口問題について書いてみることにしました。
現在の日本の人口は12.770万人だそうです。数字はWEBで確認してください。
今、政治家や識者は、これから日本の人口がどんどん減っていくことに付いて、大いに心配しています。

本当に人口が減ったら何がそんなにこまるのでしょうか?私にはいささかこの点に付いて疑問を感じている数少ない人間らしい。働き手がいなくなって国力が弱くなる。人口8..200万人のドイツ、フランスは6.000万人、イギリスの人口6.000万人、イタリヤの人口6.000万人、ロシヤ1億4.000万人、アメリカは3億人、スエーデンの人口1.200万人、スペインの人口4.350万人だそうです。

このぐらいは今や、インターネットで調べれば5分も掛かりません。ついでに国土の広さも調べてみましょう。いい加減にしたらどうかという声も聞こえてきそうですが、ついでに調べます。

スペインの面積、50.6万平方キロメートル。日本の国土のおよそ1.3倍もあります。
ドイツは35.7万k㎡で、日本の約94%です。日本の方が少し大きいんですね。
フランスは約54万4000Km。日本の約1・5倍。
イギリスは24.4万k㎡で日本の約3分の2の大きさ。
イタリヤは30 ・1万キロ2 m で日本の約5 分の4 。
ロシヤは1707万5,400平方キロメートルで、世界一広大な国です。 その広さは日本の国土の約45倍。
アメリカは963.1万平方キロメートル。 アメリカはロシア、カナダに次いで世界第3位の国土面積を誇る。
スエーデンは約45万k㎡で,日本の面積の約1.2倍である。

調べついで今をときめく中国の面積と人口を調べて見ましょう。
960万平方キロ、人口は13億人。日本の国土面積は37.8万平方キロ、人口は1.3億人。国土面積が日本の25倍である中国は日本の10倍の人口を有することになる。
もう一つインドは約329万平方km、日本の国土面積37万7887 km. 2. 、人口12740万人と比べると、インドの国土面積は日本の約. 8.7倍、人口は日本の約8.1倍である。

こんなことを調べて何になるのか?聞こえてきそうです。しかし、人口問題は国土の広さを無視して考えるべきことであって、単にこれから日本の人口が減ると、心配していてこれだけを取り上げていてはこの問題の本質を知ることは出来ません。

今日は少し仕事がハードだったのでここで一旦中止して近日中にまたこの問題を取り上げます。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

  1. 2008/04/16(水) 21:14:54 |
  2. 世間話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人種差別に付いて

人種差別に付いて

私たち日本人は、人種差別に付いて多くの人が、関係の無いことのように思っている方が殆どだと思います。今アメリカでは大統領予備選挙が行われています。もっぱらの話題は黒人の血を引いたオバマと、白人のヒラリークリントンとの一揆打ちになってきました。あえて黒人と白人と申し上げたのは訳があります。

我々日本人は、常日頃、島国日本に生活の本拠地がある事で多くの人種と接しなくても生活してゆけます。ところが豊かになった現代では、この国にも多くの人種が生活しています。これは時代の流れと考えています。しかし、日本人の多くの人々は人種問題を深く考えたことは無いはずです。

今、中国ではチベットの自主独立が求められたり、チェチェン問題、イラク戦争、などこの狭くなった地球上で、まだまだ多くの紛争が起きています。一建築設計士がこのような問題を論ずる事など無謀なことに決まっています。しかし、一度は書いて置きたい問題なのです。この地球環境を破壊するような問題は何時になったら消えるのでしょうか?

これらの多くの問題の発祥点は、人種問題や、宗教の問題が根づよく残っているからです。日本人にとって宗教はそれほど問題ではありません。なぜなら、日本人の神への考えは八百万の神々という古来からの考えに深く根付いているからでしょう。しかし、中東の人々の多くにとっては、神はアラーのみです。ユーラシア大陸の人々にとっては、イエスキリストが唯一です。このような考え方を子供頃から教育され、教えてこられた人々にとって当然の事でしょう。

ここで大きくクローズアップされることは、子供達に対する全ての教育です。国を思い、世界中で信頼される人種として認知され、信頼されるためにも子供達への教育は大切です。子供への教育方法は私の専門ではありません。ここでその方法に言及する事は避けておきますが、大きくは文部省、教育委員会、学校の先生に努力をしていただくしかありません。しかし、教育はその国を支える大きな柱です。ぜひとも子供達を育てることを大切にして欲しいものです。

私の旅行は何時も貧乏旅行ですから、立派なホテルに泊まるなど到底考えられませんでした。たいてい利用したのはユースホステルでした。ヨーロッパのユースは、結構いたる所に建っていて、貧乏旅行者にとってはとても便利なものです。また、このホテルほど有りとあらゆる人種がいる場所はありません。普段はイロイロな人種の人々と、話を楽しむのが夕食後の決まりのようでした。

皆さんも知っている通り、一部屋が大きく10人程度一緒に、二段ベットで寝ることになります。このことはさほど問題ではありません。ある時、ユースホステルがいっぱいとの事で、やむなくスチューデントホステルがありましたので、そこに止まる事にしました。どう違うのかは別の問題として、安ホテルと考えてください。自分は人種のことを考えて見た事は、その時まで殆どありませんでした。

そこに泊まる事になり、夜になると同宿者が皆そろうわけですが、なぜかこの時は違和感を感じたのです。よーく周りを見回すと、いつもユースでは必ず一人や二人いる白人が、一人もイナイのです。この時によーく考えたみたら、ナント私も有色人種の一人でした。この部屋は有色人種用の部屋だったわけです。この時まで私は人種差別など考えたことも無かったのです。

日本人が有色人種である。ここで初めて気がついた訳です。ナント馬鹿なとおっしゃる方が当然いられると思います。頭でなく肌で差別を感じたわけです。この肌で感じることがとっても大切な学習になります。嫌とか良いと思う前に、他人から押し付けられる訳です。これも大切な教育になると思います。

世界中いたる所でこのような問題は、起こっていることだと思います。世界中に数多くの人種がいて、生活しているのですが、地球も狭くなって来て、このようなことを考えなくて良くなる世界が一番なのですが、まだまだ世界中には独裁者や、軍事政権もあるのです。なかなか人種問題や差別の問題も消えて行くわけではありません。

あなたはオバマとクリントンどちらが大統領になると良いと思いますか?
何時まで書いても終わりそうも無いので、勝手に終わります。この続き、どこかで書きます。

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

  1. 2008/04/06(日) 12:31:13 |
  2. 世間話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。